プロからのお掃除アドバイス part2

2018年10月9日

こんにちは!
おそうじ本舗千音寺インター店の高田です。

今回はトイレ掃除についてです!特にトイレの臭い対策についてのアドバイスとなります!

トイレは2,3日掃除をしないだけで気になる汚れが付いたり嫌な臭いがしますよね。
主な原因として男性の尿はね、お子様の1人トイレなどがトイレ周りを汚くする原因とされています。

トイレは汚い場所といったイメージが多いのできれいにする為に細目にお掃除したり、トイレカバーや備品などを置くといった対策をされている方が多いです。
拭き掃除などで毎日きれいにしたとしても便座カバーやマットなどは毎日洗濯されている方は少ないと思います。。。確かに表面的には汚れが付いていることは自覚しにくいですよね。
しかし先ほども言ったように尿はねで周りに飛んで便座以外の箇所に汚れが付着してしまうというのはよくある事です。
なので便座自体をいくらきれいにしても臭いが気になるというのは実は便座以外の箇所から出ている臭いである可能性が高いのです。
なので僕たちはお客様からトイレの臭いについてのご相談があった時は極力便座カバーやマットも定期的に洗うようにアドバイスしております。

さらにトイレ内の臭いの原因で多いのが尿石などのこびれついた汚れが腐って、分解された時に出るガスの臭いがあります。
専門的な事ですが尿石の汚れはカルシウムなので落ちにくい汚れの部類になってきます。
そこで僕たちが使う洗剤は酸性洗剤を使用します。カルシウムはアルカリ性なのでアルカリ性洗剤や中性洗剤では汚れは落ちにくいです。
トイレ洗剤で多いのはこの酸性洗剤と中性洗剤です。細目に掃除ができる人であれば中性洗剤でも問題ありませんが、そうでない方は酸性洗剤を使用して一度の掃除でしっかりと汚れを落とすということをオススメしております。

最後に酸性洗剤を使う際の注意点として仮に塩素系の洗剤を使用した後は時間を空けてからご使用ください。酸性洗剤と塩素系洗剤が混ざってしまうと有毒ガスが発生して人体に悪影響を及ぼしてしまう為です。万が一のために換気扇を回すか、窓を空けて作業するようにしましょう!

一度きれいにしてしまえばそれ以降しばらくの間は簡単な拭き掃除でも充分な効果を得られると思いますので是非一度お試しください!

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る